不動産買取か仲介

不動産買取か仲介

不動産買取か仲介 不動産査定をするにあたっては、不動産買取と仲介のどちらの方法を選ぶかによって、その結果が大きく異なることがあります。
一般には仲介のほうがポピュラーですが、これは査定価格が高額になりやすいことも理由となっています。そのかわりに査定後に販売を開始してから、具体的な買主が見つかるまでに数か月、場合によっては年単位で時間がかかってしまうことがあるほか、購入希望者との値引きその他の条件交渉などが発生することもあります。したがって依頼をした不動産会社と二人三脚で、息の長い販売促進活動をすることを容認でき、高額での売却を目指す場合に向いています。いっぽうで不動産買取の場合ですが、こちらは特定の不動産会社に不動産査定を依頼したあとで、その会社が直接的に物件を買い取ることを意味しています。相手は不動産のプロですので、物件にみずから住みたいという動機ではなく、収益性が高いかどうかを判断基準として価格を付けます。そのため売却価格は相対的に低くなってしまいますが、スピーディーに契約までこぎつけたい場合には最適です。

物件を高く売りたい人が不動産査定を依頼

物件を高く売りたい人が不動産査定を依頼 新築一戸建て住宅を購入する場合には、自宅マンションを売って資金を確保するのが一般的です。そのために高く売りたいと強く希望する人も多く、不動産の一括査定サイトを積極的に活用しています。
複数の会社が提示した不動産査定の内容を比較するのが、自宅などを売る場合の基本です。しかし不動産会社が示した査定額通りには、保有する物件を売却できない場合も多いです。したがって不動産査定の内容を参考にして物件を売るときには、マーケットの動向も考えながら柔軟に価格を決める必要があります。地元の中古物件の相場を熟知している不動産会社であれば、早期に売却可能な価格設定のポイントを伝授してくれます。更に不動産情報サイトで積極的にアピールすることが、保有する中古一戸建てやマンションを早期に売るためのポイントです。週末に内覧会を開催して物件の内部を購入希望者に見てもらうと、売主の希望条件での売却も比較的容易に行えるようになります。

新着情報

◎2021/3/1

会社選びのポイント
の情報を更新しました。

◎2020/12/23

不動産買取か仲介
の情報を更新しました。

◎2020/10/28

一括不動産査定サイトの魅力
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「不動産 仲介」
に関連するツイート
Twitter